白髪が均等に染まらない!ちょうど良い髪の明るさに仕上がらない!

そう悩んでいる方多いのではないでしょうか。

こちらの記事では“白髪染めと通常のカラーリングの違い”“セルフ白髪染めのコツ”を

ご紹介いたします。

セルフで白髪染めしたいけど上手くいかなという方にぜひご覧いただきたいです。

白髪染めは普通のカラーリングと同じ染め方?

白髪染めってなんか難しいですよね?何故上手に染められないのでしょうか。

そもそも通常のカラーリングと白髪染め何が違うのかというと、

もともと色が付いている髪を変色させるのが通常のカラーリングで、白髪染めは色素が薄い髪に色を入れるので、通常のカラーリングに比べると白髪染めの方が染料力が高くしっかり色付けをしてくれるようになっています。

その為白髪のような明るい髪を通常のヘアカラーで染めると、白髪を染めきれず明るい色のままになってしまうのです。

そして白髪は撥水性が高くカラー剤をはじいてしまうので、通常のカラーリングより白髪を染めるほうが難しいのです。

白髪染めと普通のカラーリングの違いがわかったと思うのですが、では染め方も同じでいいのでしょうか。

普通のカラーリングの場合生え際や根本の方が染まりやすい為後頭部の方から染め、生え際や根本は後に染めます。

しかし白髪染めの場合白髪が染まりにくくなっている為、白髪が気になりやすい生え際や根本の方を優先的に染めていった方がいいとされています。

白髪染めってやっぱり難しいのですね。何かコツとかあるのでしょうか。

白髪染めのコツ

染める前の髪はしっかり乾いた状態にしよう!

基本的にヘアカラーは乾いた髪を染めるようにできています。

濡れている部分と乾いている部分があるとムラになってしまうので髪を均一に乾いている状態にしてください。

また部屋の温度を高めにしておくと、カラー剤が浸透しやすくなるので、温かいお部屋でカラーリングをしましょう。

白髪染めのコツ2

気になる部分にはたっぷりのカラー剤を塗ろう!

色素がない髪にしっかりと色を付けなければいけない為、気になる部分から塗り始めることが大切です。

また上記で出てきたように白髪は撥水性があるので塗る量が少ないとちゃんと染まりません。

気になる部分は多めの量を添付した方がいいみたいです。

さらに白髪染めは染料力が高い為、少し暗めに色が入る傾向にあります。

なりたい髪色に近づけるなら選ぶ色はイメージより少し明るめを選ぶと理想の髪色に仕上ります。

白髪染めのコツ3

気になる部分には蓋をして温めてしっかり色付けをしよう!

カラー剤を塗り終わった後、気になる部分にティッシュを貼り付けると、頭皮の体温で染まりやすくなるのでお勧めです。

また洗い流す前に少しお湯で髪を濡らしカラー剤を揉み込むとカラー剤が髪全体になじみ、

色ムラを防いでくれて、色の定着をよくする効果があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

・通常のヘアカラーは髪色を変える薬剤ですが、白髪染めは白髪に色を染み込ませる必要がある為普通より難しい。

・白髪自体撥水性があり、染まりにくい状態になっている。だから多めのカラー剤で

しっかり染めてあげる事が大切。

・気になる部分にティッシュなどで蓋をして温めてあげると、さらにしっかり染まってくれる。

セルフで美しく髪を染め、いつでも若々しく美しい髪で過ごしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です