白髪にいい食べ物を紹介します!栄養不足は白髪の原因に!

なんだか最近白髪が気になるな。白髪予防をそろそろしたほうがいいかな?

そう考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一度気になると気になってしようがないですよね。

この記事では白髪にいい食べ物について紹介させていただいております。

ぜひ参考にしてみてください。

白髪にいい食べ物!

そもそも白髪はなぜできるのでしょうか。

髪の毛の色はもともと白いのですが頭皮の中で成長する際に、メラニン色素と呼ばれる成分によって着色され黒髪が生えてきます。しかし様々な理由によりメラニン色素が正常に働かなくなり白髪が生まれてくるのです。

頭皮の中で髪はつくられるので、食べ物がとても大切になります。

特に白髪にいいとされている栄養素が下記の3つです。

・チロシン

・タンパク質

・ビタミン

それぞれどのような栄養素なのか、どんな食べ物に入っているのかみてみましょう。

 

チロシンが含まれる食材

“チロシン”とは非必須アミノ酸の一種で、髪の毛や皮膚の黒色色素であるメラニン色素の原料となる栄養素です。このチロシンがメラニン色素の生成に欠かせないチロシナーゼの動きを活性化させ白髪の予防や改善に効果的となります。

チロシンを含む食材は乳製品、アボカド、リンゴやバナナなどの果物類、カツオやマグロなどの魚介類、豆やナッツ類などです。

ヨーグルトにナッツやバナナを入れて朝食に食べるのもいいですね!

 

タンパク質が含まれる食材

“タンパク質”は三大栄養素の1つで、体の形成にとても大切な栄養素です。

人の体の水分を除いた半分の重量がタンパク質で形成といわれています。

もちろん髪の形成にもかかわっていて、髪の主成分は“ケラチン”タンパク質でできています。健康な髪をつくるには良質なタンパク質を摂取することが必要ということになりますね。

タンパク質を多く含む食材は、肉類、魚介類、卵類、大豆製品、乳製品。

タンパク質は今とても注目されていますよね。体つくりには欠かせないのでしっかり摂取してきましょう。

「ビタミンが含まれる食材」

ビタミンは直接体をつくる成分になったりエネルギー源になることはありませんが、他の栄養素が上手く働く為の潤滑油のような働きをする栄養素です。

また体の中でつくり出すことができない為、食べ物から摂取する必要があります。

中でもビタミンB6とB12は黒い健康的な髪の原料となるタンパク質の吸収に欠かせない栄養素です。またメラニン色素の元となる「チロシン」の吸収率も向上させる為、白髪対策に重要なのです。

ビタミンB6を多く含む食材は、ニンニク、青魚(アジ,サンマ,サバなど)、鶏肉、ゴマ、マグロ、レバー、抹茶、ピスタチオ、バナナ

ビタミンB12を多く含む食材は、納豆、もやし、貝類(アサリ,シジミ,ハマグリなど)、魚卵、海苔

ビタミンB群ももちろんですがビタミンCやビタミンEなども美しい髪をつくるのでバランスよく摂取できたらいいですね。

 

まとめ

・チロシンは黒髪をつくるメラニンに大きく影響する栄養素。

・タンパク質は黒い美しい髪を形成する栄養素。

・ビタミンは頭皮の環境を整え、チロシンの吸収を高める栄養素。

いかがでしたでしょか。ご紹介させて頂いた栄養素を意識してバランスのいい食事と健康的な生活を過ごすことによって白髪予防になります。美しい髪で若々しく素敵な生活を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です