前は全く気にならなかったけど30代に入って少し白髪が出てきた気がするな。

早めに対策したほうがいいのかな?と考えている方多いのではないでしょうか。

こちらの記事では30代でも白髪が生えるのか、早めの対策は必要なのか見ていきたいと思います。

 

30代でも白髪が生える?

そもそも白髪が生えるメカニズムとはなんでしょうか?

髪の毛自体は毛母細胞というところで作られ、髪の毛が頭皮内で成長します。

その過程でメラノサイトが作り出したメラニン色素が取り込まれることにより髪に色がつきます。

毛母細胞が作り出す髪は、もともと白髪でメラニン色素によって着色しているのです!

そのため白髪になる原因はメラニン色素が何らかの影響により髪に取り込まれなかったからということです。

では30代でも白髪は生えるのかというと、もちろん可能性は十分に考えられます。

メラニン色素がうまくつくりだせないと年齢関係なく白髪になる可能性があるからです。

 

ホルモンバランスが原因?

睡眠不足や紫外線、食生活など白髪の原因には様々考えられますが、ホルモンバランスもとても大切なのです。

女性は30歳を過ぎると徐々に女性ホルモンのエストロゲンが低下していきます。

それにより女性ホルモンのバランスが変わりメラニン色素を作り出すメラノサイトの働きが低下して白髪になります。エストロゲンが減少することで新陳代謝が低下してメラノサイトがメラニン色素を作り出す働きも悪くなり、白髪が増えということです。

女性ホルモンのエストロゲンはこんなところにも影響していたのですね。

 

対策はできる?

女性ホルモンのエストロゲンが髪のメラニン色素を作り出すのに大きく影響していて

低下するとメラニン色素が作り出されなくなる為、白髪の原因になることはわかりました。では対策は何かあるのでしょか。

女性ホルモンのエストロゲンを増やすというのはとても難しいのですが、ホルモンバランスを整え白髪の対策や女性らしく過ごす方法は主に3つあります。

1つは良質な睡眠です。

睡眠不足により自律神経が乱れると女性ホルモンの分泌に悪影響を及ぼします。

7時間ほどの睡眠時間を確保し、寝る前2時間は食事をしない、寝る前にパソコンやスマホは控えるなどすると良質な睡眠をとることができます。

また一番ホルモン分泌がされる夜10時から2時に睡眠をとることがお勧めです。

2つ目は運動です。

体を動かし血行と代謝を良くすることで女性ホルモンにも良い影響を与えます。

特にゆっくり体を動かし、深く呼吸をするヨガやストレッチなどはリラックスもでき、頭皮の血行が促進されるので髪にもとてもいいです。

そして3つ目はバランスのいい食事です。

特に女性ホルモンに良いとされる食材は納豆や味噌などの発酵食品、大豆食品、ごぼうやバナナなどのオリゴ糖、食物繊維です。

健康的な生活を送ることでホルモンバランスが整い、白髪対策になるということですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

・ホルモンバランスが乱れメラニン色素が作り出されなくなり、白髪が生まれるというホルモンバランスと白髪の関係性がよく分かりました。

・ホルモンバランスの乱れというのはどんな人でも起こる可能性があり、特に30代を過ぎるとホルモンが低下する為しっかりとした対策が必要になります。

・大豆や発酵食品を中心としたバランスのいい食事をとり適度な運動と良質な睡眠をとることで早めの白髪対策をしましょう。

皆さんも健康的なライフワークで白髪対策をぜひしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です