白髪を見つけたら、ショックのあまりついつい抜きたくなりますよね?

白髪を抜くのはダメなの?切ったほうがいい?

でも、切ってしまったらそこからまたすぐ伸びてきてしまうし・・・。

など、いろいろ考えてはとりあえず放置してしまっていませんか?

今回はそんな一度は聞いたことがある噂をすっきり解決し、白髪に良い対処方法を紹介しようと思います!

白髪を抜くのはNGなの?抜くと増える?

結論から言うと、白髪を抜くのはNGです!今までやっていたとしたら、すぐにやめましょう!

ただ、白髪を抜くと増えるという噂も聞いたことあると思いますが、これは増えません。

白髪を抜くことで、白髪は増えもしないし、減りもしないのです。

白髪は毛根にあるメラニン色素を作る組織「メラノサイト」の機能が低下することで発生します。

よって、メラノサイトの機能が低下している毛根のみに起こることで、抜いたところで他の毛根も白髪になるということはないし、また、同じ毛根からは同じように白髪が生えてきます。

白髪を抜くことによる影響を以下に挙げてみます。

毛根が傷む

白髪を抜くことで毛根が傷みます。傷んだ毛根は形が変形し、次に生えてくる髪がくせ毛になることがあります。

また、毛根が傷むと最悪の場合、二度と髪が生えてこなくなる可能性があります。

さらに、毛根が傷むと炎症を起こしたり、かゆみを起こしたりする可能性もあり、いいことはひとつもありません。

他の髪にも影響が出る

白髪を抜くことによる他の髪への直接的な影響はないといわれています。

しかし、一つの毛根には数本の髪が生えています。

そのため一本抜くことで毛根が傷つき、同じ毛根から生えている他の髪にも影響が出たり、生えなくなってしまうこともあります。

もし、ストレスや病気等による栄養不足で一時的にメラノサイトの機能が低下している場合、もし白髪を抜いてしまうことで毛根が傷ついてしまうと、黒髪に戻る可能性のある髪が生えなくなることも。

そうならないためにも白髪は抜かないで他の対処方法をとりましょう。

白髪がどうしても気になったら根元から切る

1~2本なら根元から切ってしまいましょう。

また同じように白髪が生えてはきますが、抜くより断然リスクがありません。

もし、気になる白髪が1~2本ではなく沢山ある場合は、白髪染めをしましょう。

色素が抜けた髪は、通常の髪染めより刺激の弱い成分のものでも染まりやすいので、頭皮への影響は抜くよりはるかに少ないです。

染めるときは素人ではムラができやすいので、美容院や理髪店で相談することをおすすめします。

まとめ

  • 白髪は抜いてはいけない
  • 白髪は抜くことで増えたり減ったりはしない
  • 白髪を抜くことで毛根が傷み、くせ毛、かゆみ、炎症を起こす可能性があり、最悪の場合、生えてこなくなる
  • 一つの毛根には数本髪が生えているので、一本抜くことで他の同じ毛根から生えている髪にまで影響が出る
  • 1~2本の白髪は切る、まとまった白髪は白髪染めをする

白髪を見つけたときは、冷静になって対処したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です